シミュレーション

SI/PI/EMI/熱/電磁界とシミュレーションの種類が多様化し、また、ソフトの機能が複雑化しております。Nisoulが必要なシミュレーションを行い、最適な基板設計をサポートいたします。

SIシミュレーション

基板設計の配置・配線までの設計の早い段階でシグナルインテグリティに関する問題を解析し、コストのかかる手戻りを削減します。信号波形がLSI要求のスペック、規格で定められたスペックを満たしており、機器が問題なく動作するかを検証いたします。また、オーバーシュート/アンダーシュート、リンギング、クロストーク、タイミング問題など、ハイスピード設計が抱える問題の対策を行います。

PIシミュレーション

半導体製造技術の微細化に伴う電源電圧の低下が進み、低電圧での駆動回路の増加、高速伝送線路により、 供給先への安定した電源供給が難しくなる事により電源からの不要電磁波によるLSI誤動作を抑制するための対策を行います。キャパシタの位置や容量を事前に検討し、EMIとPI双方を考慮したキャパシタ設計提案が行えます。

EMIシミュレーション

EMI抑制に効果的なチェックルールに基づいて、不要電磁波の発生原因になり得る部品配置や配線、プレーン部分を抽出し、対策する事でEMC耐性の強い高品質な基板を作成致します。

また、EMI発生の原因となる、電源-GND間の共振を解析し、共振状態を視覚化します。キャパシタの自動配置または手動配置機能を用いて、キャパシタの位置と効果を検証し、共振を抑制するための対策を行います。

熱シミュレーション

基板パターンのジュール発熱や、部品の発熱、ファンによる空冷など、様々な条件での熱シミュレーションが可能です。熱シミュレーションを行うことで、放熱方法や放熱基板の選択をスムーズに行えて試作を繰り返す手戻りを減らすことができます。

電磁界シミュレーション

現在の高性能エレクトロニクスおよび高度な帯電システムの世界では、回路およびシステム上の電磁界の影響は無視できません。電磁界シミュレーションでは、コンポーネント、回路およびシステム設計全体の電磁的性能を一意にシミュレーションでき、温度、振動、その他の機械的影響を評価できます。この比類のない電磁中心設計フローは、高度な通信システム、高速エレクトロニクス機器、電気機械コンポーネントおよびパワーエレクトロニクスシステム設計をスムーズに行える様に致します。

対応シミュレーション機器

Hyperlynx SI

Hyperlynx PI

Hyperlynx Full-wave Solver HPC

Hyperlynx Thermal

Pollex SI

PIStream

DEMITASNX

EMPIRE XCcel

Pollex Thermal

Synopsys

Ansys

CADNECE

図研シミュレーター