狭山茶のご紹介

ニソール所在地の狭山市について

狭山市の歴史

今から800年前、鎌倉時代に中国から種子を持ち帰り栽培がはじまりました。
当時から、山城・大和・伊勢・駿河と並んで銘園5場に数えられていました。江戸末期、横浜開港されるや、いち早く輸出され生糸と並んで輸出の花形となり茶園の増殖が進みました。

狭山茶の特徴

狭山茶は日本における経済的北限産地であり、他の産地より寒冷のため葉が厚いので狭山茶の特色であるコク味を出しています。主としてやぶきた、さやまかおり、ふくみどり等の優良品種がつくられています。

狭山茶の美味しい飲み方

  • 狭山茶の美味しい飲み方 湯温は70~80℃。
  • 高級煎茶になるほど低めに、茶葉の量は5人で10g。
  • 時間は普通1分弱、深蒸し茶は30秒位に。
  • 茶碗は暖めておき、必ず戻りつぎをし、絞りきります。